美容専門学校
[ 人気のある美容専門学校の特徴とは ]

美容専門学校にかかる費用はどれくらいか

最近では女性のみでなく男性までもが美容や外見にとても気を遣っていますね。あのレディ・ガガのネイルアーティストやデザイナーとして日本人が活躍していたり、きゃりーぱみゅぱみゅやぺこ&りゅうちぇるなどの独特なファッションや髪型、デザインは海外でも人気で、今や日本の美容技術は世界的にも有名です。そんな中美容師やネイルアーティストなど、華やかで人を輝かせる職業に憧れている高校生も沢山いますよね。専門学校は4年制大学に比べ年数が少ないとはいえ、専門的な授業が多くて実習費が高そう、生活費や学費などはどれくらいかかるの?とお悩みの方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方々の為に、美容専門学校に通う場合の大体の費用をまとめてみましたのでご覧ください。

通学課程は2年間で400~500万円が目安

美容専門学校の通学課程2年間でかかる学費は約200~300万円。これには入学金、授業料、実習費、教材費や施設維持費が含まれています。この他に、選択式の授業にかかる費用や課外授業や海外研修に参加する場合などは別途お金がかかります。また、注意しなくてはいけないのが、美容専門学校ではハサミなど様々な道具を使用します。提示された学費にこのような費用が含まれているかどうかは確認が必要です。また、東京・大阪・名古屋などの大都市部の方が学費は高いというイメージがあるかもしれませんが、学費に関しては地方都市の学校と比較して大きな違いはありません。それに対して大都市と地方都市とで費用に大きな違いがあるのは生活費です。2年間でかかる生活費は約150~260万円。実家から通う場合、もちろんこの費用はかかりませんが、一人暮らしをする場合や寮に入る場合はこれぐらいのお金がかかってきます。家賃、光熱費、通信費、食費などで1か月約5~10万円が目安です。必ずしも寮が一人暮らしよりも安いというわけではなく、また地域によって家賃や交際費なども大きく異なります。

通信課程は3年間で約50~90万円が目安

3年間の通信課程でかかる費用は通学課程と比べるとだいぶ安く、50~90万円程度。これには入学金、授業料、実習費、教材費、施設維持費などが含まれています。学校によっては、美容室に勤めているかどうかによって学費が安くなる事もあります。また、学校によっては美容室に勤めていないと通信課程に入学できない事もあるので学校を選ぶ際は注意が必要になります。生活費に関しては、通学課程に通う場合と比べ寮に入る必要などもなくなりますから、多少安くおさえる事が出来ます。しかし反対に、実家ではなく一人暮らしをする場合は、通学課程に通う場合より1年間長い3年間の生活費を考えなくてはいけない為、更に高くなってしまう可能性もあります。それでも学費と生活費を合計して考えてみると通学課程に通った場合にかかる費用よりはだいぶ安く抑えることが出来るでしょう。